多くの経営者、投資家、政治家が
チェックする雑誌

みんなが読んでるビジネス雑誌じゃダメでしょ。。

多くの経営者、投資家、政治家が読んでいるだけでなく、できるビジネスマンがこっそり情報収集として読んでいるのが定期購読専門のビジネス誌「日経ビジネス」です。

あのホリエモンですら、ライブドア時代に愛読していた雑誌です。

書店では売っていないので、ライバルと差別化したい人にオススメです。

50名以上の専門記者が年間1500以上の企業を徹底取材・調査し、ネットには出てこない情報を得ることができるのも人気の所以です。

「日経ビジネス Associe(アソシエ)」を読んで、満足している場合じゃないですよ。

人と違う情報、人よりもワンランク上の情報をインプットしない限り、人よりも上には突き抜けられないですからね。

日経ビジネスの価格は以下の通りです。

1冊の
通常価格
定期購読した時の価格
価格 1冊当たり 割引率 割引額
650円 1年(50冊):20,700円
3年(150冊):43,650円
414円
291円
36%OFF
55%OFF
11,800円
53,850円

スマホで読める「日経ビジネスDigital」とのセットなら3ヶ月分のバックナンバーも読む事ができます。

単なる質の良い情報収集だけでなく、会社経営者や起業家、個人事業主の方なら経費対策にもなりますよ。

日経がやっているビジネス雑誌なので、中身が濃いことは間違いありません。

クローズドな世界のアクセス権こそ価値がある。

はっきり言って、書店やコンビニで売っていて、誰でも買えるし、誰でも立ち読みできるような雑誌に載っている情報にはたいした価値はありません。

そういったビジネス誌を読んでいる人は非常に多く、何らかの形でネット上にも出てくる情報です。

そうではなく、完全にクローズドな情報こそ、少数の人だけが手にできる情報なので、相対的な価値が高まります。

全ての価値は相対的に決まります。

どんなに良質な情報でも、多くの人が知ってしまったら、既存の情報になってしまうので、その情報の価値は薄まります。

しかし、お金を出して定期購読した人しかアクセスできない情報は、一部の人しか知らない情報なので、価値は薄まりません。

だから、日経ビジネスが人気でオススメなのです!

優秀な人間はこういったところに貴重なお金を時間を投資します。

だからこそ、頭一つ抜き出ることができるのです。

人生ってお金と時間の使い方で決まってしまうんですよね・・・。

だらだらと、ネット上のどうでもいい情報や、SNSの友達の書き込みに貴重な時間を使っていてはいけません。

アナタのライバルはこっそりとすでに定期購読しているかもしれませんよ。

他人の失敗から学び、同じ失敗は事前に避ける。

日経ビジネスの人気コーナーの1つに「敗軍の将、兵を語る」があります。

このコーナーでは企業の経営者の失敗経験を読むことができます。会社を潰した元経営者も出てきて、自分のダメだった点を振り返ったりしています。

ライブドア創業者のホリエモンもこのコーナーが大好きで、先輩経営者と同じ失敗を避けるために読んでいたそうです。

ホリエモンは著書の中で『「失敗から学べ」とよく言うが、自分は失敗をしてはいけない。これまでたくさんの人たちが失敗してきたケースを学ぶべき。』と言っています。

失敗はしないに超したことはありません。わざわざ、自分で失敗する必要なんてないんです。

日経ビジネスの「敗軍の将、兵を語る」を読めば、他人の失敗談が載っているので、そこから学び、同じ失敗は事前に避ける準備をしておけばいいだけです。

このような他のビジネス雑誌にはない経営者や元経営者の失敗談も読めるから、日経ビジネスが人気でオススメなのです。

おすすめサイト・参考サイト